読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

必要なプレー

ネット上で田中賢介選手に非難が殺到しているあのプレーに
今はメジャーリーガーのダルビッシュ選手は、

「併殺崩しに行っている、でも怪我させには行っていない。」のではとコメント。

今回のプレーはスライディングが併殺崩しという役割をきっちりこなしたルールに則った事とお上(審判)が認定した。

これに対し工藤監督は

「危険なプレーはしっかり判断してもらわないと」と問題提起。

「うちは危険なスライディングはしない。する選手はいないと思っている」と語気を強めた。

川島選手はプロの二塁手です。

プロが反則一歩手前の神業を食らったのです。

田中選手のプレイはあくまでプロとして最高のプレイを試みた結果相手が怪我をしてしまっただけで、足を全く出さければ「怠惰プレイ」 とか「無気力プレイ」とかになってしまう可能性もあったと思う。

 

今回のようなプレーは過去にもいっぱいあります。

人気ブログをblogramで分析
人気ブログランキングへ